本文へ移動

匠の技

匠の技、生粋の職人魂

三代目・故 菊地 壮三郎(鬼師)

高校卒業後、金ベラ一つを携えて四国各地の鬼師のもとを訪ね、確かな技術を身につけた根っからの職人。
カリスマ鬼師として、その腕をふるっていました。

四代目・菊地 陽一郎

壮三郎から手ほどきを受けて鬼師としての技術を修得。
現在は株式会社菊銀製瓦の代表取締役として同社を牽引。
日本鬼師の会会長/かわらぶき一級技能士/瓦屋根工事技士/瓦屋根診断士

菊地 晴香(鬼師)

陽一郎の長女。
高校卒業後、鬼師目指す。5年後、23歳で祖父の跡を継ぎ、寺社仏閣の鬼瓦や住宅の鬼瓦、小物まで幅広く対応しています。

菊地 敬介(瓦ぶき職人)

陽一郎の次男。
高校卒業後、瓦ぶき職人の弟子に入り7年間修行をつむ。その後、弊社に戻り瓦ぶき職人として活躍している。
かわらぶき一級技能士/瓦屋根工事技士/瓦屋根診断士
株式会社菊銀製瓦
〒799-2303
愛媛県今治市菊間町浜32-2
TEL.0898-54-2248
FAX.0898-54-5160
菊間瓦製造・販売・施工
TOPへ戻る