日本の伝統と
瀬戸内の自然が育てた菊間瓦
会社概要
私たち株式会社菊銀製瓦は、明治12年に初代・菊地銀太郎が創業し、現在は四代目・陽一郎を中心に、伝統の菊間瓦や洋風住宅にマッチする平板瓦・いぶし銀を活かした工芸品や日用品なども手がけ多様なニーズに応えています。これからも伝承の技を進化させ、さらに価値あるモノを作ってまいります。
商品紹介
菊間瓦
菊間瓦
伝統の菊間瓦や洋風住宅にマッチする平板瓦、いぶし銀を活かした工芸品や日用品なども手がけ、多様なニーズに応えています。詳しくはこちらをご覧ください。
鬼瓦
鬼瓦
日本の建築物の大棟や隅棟、降り棟などの末端に雨仕舞いの役割を兼ねて取り付ける装飾瓦です。詳しくはこちらをご覧ください。
工事用
その他製品
こちらに文章が入ります。こちらに文章が入ります。こちらに文章が入ります。こちらに文章が入ります。
採用情報
私たちは、昔ながらの伝承の技を進化させ、現代に引き継いでまいりました。
男性のみならず、女性ならではの感性を活かし活躍している社員もおります。
ぜひ、私たちと誇り高き職人を目指しませんか?
経験者・未経験者大歓迎! 皆様のご応募をお待ちしております。
鬼瓦
株式会社菊銀製瓦
〒799-2303
愛媛県今治市菊間町浜32-2
Tel.0898-54-2248